スポンサーリンク

こんちは!ニッチマンです。

アベノマスク問題、またこの大変な時期に

新たな火種ぶち込んでくれましたね。

 

皆さんご存知の通り、妊婦用に配っていた

アベノマスクの中に髪の毛などの異物混入

(ダニがいたってのもあったけどホンマかな)

 

があって、配布休止になってる問題。

 

当然、その品質管理の甘さにメスが入ります

よねー。

 

政府がちゃっちゃと回答しなかった裏には

企業との何らかのやり取りがあったとは

思いますが、本日(4月22日)開示

しました。

スポンサーリンク

アベノマスクの伊藤忠商事・マツオカコーポレーションとの契約金と予算の差額がでかくないか?

まず、今回のマスクの手配をした3社。

朝日新聞の取材によると以下のとおり。

受注したのは興和、伊藤忠商事、マツオカコーポレーションの3社で契約金額はそれぞれ約54・8億円、約28・5億円、約7・6億円の計約90・9億円だった。マスクの枚数など契約の具体的な中身は示されていない。

おおっすっげー特需だな。。約91億円かー

感じたのもつかの間、すぐにアベノマスク予算

との差額がでかい事に気が付きますよね。

 

アベノマスクにとうじられた予算は約466億円。

小学生算数で差額求めると466-91億で375

億円の差額が生じます。

 

一体このお金はどこへ??

スポンサーリンク

予算の残り375億円の使いみちは?

もうね、こういう話を聞くとすぐに、政治家の

ポッケにないないしたのでは?って思考がはた

らいてしまいますよね。

 

ニッチマンもうっすら思ってますがw

 

でも466億円は『予算』であって実際に投じた

金額ではないはず。

 

ココから配送にかかる人件費やらなんやら

捻出していくわけですが、、、アベノマスク

って一世帯2枚でしたっけ?

 

単純に配送料を計算してみます。(通常の郵便局のポスト

配送』の金額で試算)。ということでゆうメールの

価格を参考にしてみましょう。

 

全国均一150gまで180円の運賃がかかり

ます。もっとも、今回の様なケースはこれより

安い運賃で配られているはずなので今からする

試算よりは少ない金額で予算から使われている

ということも念頭に置いておくとして。

 

日本の全世帯数は統計局のデータによると

5340万世帯だそうです。(H27年国勢調査)

国勢調査って5年に一回でしたっけ?だとした

ら今年だな。。。すっげーあれそうですね。

話を戻して単純に掛けてみましょう。

 

5340万×180円=9,612,000,000円也!

96億円程ですね。

 

で、多分ですけど、こんな個人向けの

料金ではなく大口割引というか、政府割?

みたいなのでもっと安くなってる可能性が

高い。MAX超えで96億くらいの認識。

 

それでも後250億ほど予算が余ってます。

 

7日に発表されていたマスクに関する予算は

以下の通り。

政府が7日に閣議決定した2020年度補正予算案では、布マスクを全世帯に2枚配布するためにかかる経費を233億円計上した。20年度当初予算の予備費からもマスク配布に233億円を充てると決定。合わせて466億円かかる計算だ。時事ドットコムより引用

この書き方だと、通常のマスク配布にかかる

のは233億円。

 

なんかあった時(追加マスク?)などの

為に残り233億円と解釈するべきなのか

悩ましい所ですが、それでも上記の通り、

96億+91億=187億円。

 

総予算と配布と購入手配で

233億-187億=46億円。

 

46億円は何処へ?まま、その間の

諸々なにかしら人の手が入る度にお金は

かかるわけですが、単純に疑問になって

きますよね。

 

ちゃっちゃと差額との内訳公表しないと

旗色はどんどん悪化しますよね。

 

今までの運用で残り予算がどれくらい

残っているのか?予算通り全額つかう

必要あるのか?も知りたい。

 

そうこうしてるうちに『言えない訳があるん

ちゃうか?』という感情はどんどん増して

行くと思います。

 

そうならない為にもさっさと情報開示して

欲しいですよね。

 

と、政府の金の流れも気になるけど、異物混入の

マスクを受注した3社の罪は重そうですね。

スポンサーリンク
おすすめの記事