スポンサードリンク
スポンサーリンク

こんちはニッチマンです。

 

またもや物騒な事件が置きました。

東京・渋谷区の路上で高齢の女性が倒れているのが見つかり、その後死亡した。  16日午前5時過ぎ、渋谷区幡ヶ谷の交差点近くの路上で「高齢の女性が倒れている」と110番通報があった。女性はおよそ1時間後に死亡が確認された。捜査関係者によると、女性の頭には殴られたような痕があり、近くの防犯カメラには男が袋に包まれた何かで女性を殴る姿が映っていたという。  現場は京王線の笹塚駅から約500メートル離れた甲州街道沿い。警視庁は傷害致死事件として捜査している。 (ANNニュース)

 

怖いですね。この事件の場所について調べてみました。

スポンサーリンク

渋谷区京王線笹塚駅から500mの甲州街道沿いの事件現場

甲州街道は渋谷区でいうなら国道20号線の事をですね。そして渋谷区幡ヶ谷の交差点とあります。甲州街道という大きな道路沿いでこんな事件が起きるとは・・・というのが正直な感想ですね。

ANNの速報の画像の通り、支柱に格子のような物がある建物。後ろにはすぐに首都高4号新宿線と並走している甲州街道があります。

 

地元ではないので、良くはわからないのですが、こういった高架に並走する道路は早朝は思ったよりも路上を歩いている人はそれほど多くないといった印象です。

 

実際に犯行が行われた場所はどうやらこの建物のから甲州街道沿いにもう少し進んだ場所で行われたようです。いやはや怖い。

犯人の特徴は?

現在のところ、『凶器が袋に包まれたなにか』であり、男らしい。。。と言う事以外の情報はないようです。しかし付近の防犯カメラに犯行現場も納められている事から、早期の逮捕が期待されますね。

 

高齢女性を狙った卑劣な犯行。物取りなのか怨恨なのかすらわかりませんが、どちらにしても許せない事件です。

 

また、その様な凶悪な犯人が今現在も息を殺して潜んでいると思うとゾッとします。警察関係者の方々には一層頑張ってもらって早期解決を望みたいですね。

 

以上です。