スポンサードリンク
ディーディーブランチャード殺害事件とは?医療詐欺と娘の虐待、犯人のジプシーとニコラスの裁判判決と現在。
スポンサーリンク

こんちはニッチマンです。

 

ディーディー・ブランチャード事件をご存知でしょうか?実は以前別のテレビ局でこちらの事件を扱っていたので過去に調べた事があるんですが、再度まとめて見たいと思います。

いくつもの病気を抱えた少女、献身的に支える母、アルコール依存症でDVを繰り返した元夫、浸水した家屋から救出された哀れな親子を取材する新聞記者、交錯する人々の思い。当事者ですら気づいていなかった真実とは?一体、何が本当で、何がうそなのか。あなたはこの事件の真実を見抜けるだろうか?

2005年、ハリケーン「カトリーナ」が、アメリカ南東部に甚大な被害を及ぼす中、奇跡的に救出された親子がいた。ディーディーとその娘のジプシーだ。ジプシーは生まれつき障がいを抱えていた。計15もの病に侵され、車椅子生活を余儀なくされていた。そんな中、2人を襲ったハリケーン。なんとか救出され、避難所に身を寄せた親子の様子を新聞記者が報道したことで、2人の存在が世間に知れ渡り、支援物資や募金、一戸建てまでもが贈られた。ようやく幸せを手に入れた親子。だが、その10年後、思いもよらぬ事態が。ディーディーが自宅で殺害され、ジプシーも車椅子を残し行方不明になってしまったのだ!親子に一体何が!?衝撃の真相が明らかに!引用:アンビリバボーHP

という内容でお送りされますが、この事件、なんとも言えないんですよね。先週放送されたベンとジョエルの詐欺の話ではないですが、こういった詐欺まがいな事を行うと本当に困った人を素直に助けるのに待ったがかかりそうで嫌ですね。では早速見ていきましょう。

スポンサーリンク

ディーディーブランチャード殺害事件

2015年6月14日、アメリカのミズーリ州グリーン群の保安官代理がスプリングフィールド郊外の民家で、死後数日たったディーディーブランチャードの遺体を発見する。民家はディーディーブランチャード(以下ディーディー)の自宅であった。

 

この時、彼女に介護されているはずの病気であった娘のジプシーローズ(以下ジプシー)の姿はなく、彼女に必要不可欠なはずの車椅子と薬は現場に残されていたままであった。

 

生前のディーディーの話によるとジプシーは多くの疾患を持っており、白血病、喘息、筋ジストロフィー等が挙げられ、それ以外にも慢性疾患があるとされていた。また早産の結果、彼女は脳にダメージを負い精神年齢が7歳児のそれと同じであると主張していた。

 

保安官代理に連絡が行ったのはフェイスブックに奇妙な投稿があがっていたことで近所の住民が何かに巻き込まれたのでは?と心配し通報。ジプシーは誘拐された可能性もあったとして捜査は始まった。

 

翌日になり、ジプシーの彼氏のニコラス・ゴディジョンと一緒に旅行している所をウィスコンシン州で発見され、保護されたが後に逮捕される事となる。当然この時はディーディーは悲劇の被害者であったがその後驚くべき展開を迎える。

 

警察の取り調べにより、ジプシーは成人しており、さらには母親が看病をしなければならない疾患は皆無であった事がわかった。この発表を期にジプシーがディーディーにされていた事が露わになり、世間の注目はジプシーへの同情に変わっていく。

献身的に支えていたはずの母、ディーディーが娘ジプシーに行っていた事とは?

逮捕後の事情聴取などから事件の全貌が見えてきた。ジプシーを診察した医師は、彼女が今までうったえていた疾患がないと主張した。このことから母親のディーディーは代理ミュンヒハウゼン症候群の疑いがあると疑われた。

 

ミュンヒハウゼン症候群は、親や親しい友人から同情や注目を集める為に病気誇張や虚偽、捏造などを行ってしまう精神障害のこと。代理ミュンヒハウゼン症候群はその対象が自分ではなく、ほかの誰か、つまりこの場合は娘のジプシーがその役を担う事になっていた。

 

ディーディーはジプシーに幼い頃の格好をさせ、障害者や慢性疾患に苦しむフリをさせ続けた。嘘を真実にする為にしなくても良い医療行為、手術や投薬などを受けさせジプシーを支配していた。

 

その呪縛から解き放たれる為にジプシーがディーディーを彼氏と共謀して殺害した。というのがこの事件の真相である。

ディーディー・ブランチャードとジプシーブランチャードの生い立ち

ディーディー・ブランチャードの生い立ち

ここで2人の生い立ちを見てみようと思う。ディーディーは1967年にルイジアナ州のチャックベイでクラウディン・ピトルとして生を受ける(途中で改名してる)。

 

出生地の近くの街であるゴールデンメドウの街で家族と共に育ち、5人の兄弟がいた。幼少期から彼女は手癖が悪く、なにかストレスがかかると容易に窃盗をしていた悪ガキだった。

 

成人して間もない頃は看護師の手伝いとして働いていた。また兄弟からは彼女が実の母親の殺害に関与しているのでは?と疑惑を持たれていた(毒殺された?)

 

ディーディーは24歳の時に当時17歳のロッド・ブランチャードとの間に子供をもうけた(訳した所こう書いてあった)。娘の名前はジプシー・ローズ。

 

1991年に入り、この関係は間違っていると弟のトッドが気づき別居を始める。ディーディーは復縁を迫るロッドはこれを拒否。そしてディーディーは娘を連れて彼との関係を終えることになる。

ジプシー・ブランチャードの生い立ち

別れたとはいえ、まだ娘との関係を持っていたトッドの証言によると、ジプシーは生後3ヶ月の頃から睡眠時無呼吸症候群の疑いがあるとディーディーが病院に連れて行く様になる。

 

この頃から何かに着けてはディーディーがジプシーが病気なのでは?と病的な発想を持つようになっていったと感じていた。

 

ジプシーが7、8歳くらいの頃に祖父とバイクに乗っていた時に事故にあう。この時に膝に擦り傷をおうのですがこの傷が完璧に治療されるには何度も手術が必要とディーディーは主張。この事故以来、ジプシーは健康でありながら車椅子生活を強いられる事になった。

 

ジプシーはスペシャルオリンピックスのイベントによく参加しており、2001年には実際は10歳だったが、8歳児として参加していたニューオーリンズのマルディグラの子供向けパレードで名誉女王に選ばれた。

 

彼女は小学2年生の時には学校へもう行っておらず、読み書きはハリーポッター等を読み独学で覚えた。