スポンサーリンク

こんちはニッチマンです

アメリカのフィラデルフィアで1997年に

起きた奇妙な事件をご存知でしょうか?

 

生後10日の乳児が生まれてまもなく

火事により死亡。

 

しかし実は生きており、10年後に

本当の母親と再開したという奇跡のような

話。

 

本当に奇跡なら良かったんですけど、

利己的な人間により人生を狂わされた

話とも言えそうです。

スポンサーリンク

1997年アメリカフィラデルフィア乳児死亡偽装誘拐事件とは?

1997年12月15日、アメリカフィラデルフィア州郊外

で起きた奇妙な事件。

 

生後10日の赤子が火事により死亡。

しかしその10年後、実は生きており

誘拐されていたことが発覚した事件。

 

一体なぜ?死亡判断はどなった?

どうやってその赤子と特定した?などなど

疑問は尽きません。

アメリカフィラデルフィア生後10日乳児死亡偽装誘拐事件の死因は火事

この赤子は『デリマール』ちゃん。

 

デリマールには母親のルースと父親のペドロ

の間に生まれます。

 

彼女の誕生を祝、ペドロの母といとこのキャロリン

も当日ルースの家に遊びにきていた。

 

その日の午後7時頃、爆発音とともに火の手

が2階から上がります。

 

デリマールの部屋も2階で、救出しようにも

すでに火が回っており、救出は不可能でした。

 

全焼した焼け跡から遺体すら発見できず

乳児であったために消失したと断定され

死亡とされたのです。

スポンサーリンク

6年後にデリマールとそっくりの娘アリーヤが発見される

この事件の後、ルースはデリマールの死を

信じていませんでした。

 

遺体がないこと、閉めたハズの窓が空いて

いた事。この2点からルースはデリマール

が誘拐されたと思っていたのです。

 

当然、警察にも相談しましたが、取り合って

はくれません。

 

ルースの周りの家族も、最初こそは気の毒

に思っていましたが、徐々に重くなり、

夫のペドロもついに事件から4年後に、デリマール

の死を引きずるルースに嫌気がさして家を

出ていってしまいます。

 

どん底にいたルースにある日、事件が起こります

出ていった夫のペドロから連絡があり、ルースと

自分によくにた子供を知り合いのパーティでみた

というのです。

 

そしてパーティ会場にその子を見にいくと、まち

がいなく我が子と確信します。

 

子供の名前は『アリーヤ』といいました。

スポンサーリンク

フィラデルフィア生後10日乳児死亡偽装誘拐事件の起きた理由はキャロリンの身勝手だった

このアリーヤの母親はなんとペドロのいとこ

のキャロリン。

 

キャロリンはデリマールが生まれる以前から

『妊娠した』と周りに吹聴していたそうです。

 

しかし、実はこの妊娠は嘘。

 

当時キャロリンが付き合っていた彼氏と

別れないようにする為に妊娠したと嘘を

ついていたのです。

 

もちろんバレると交際関係を解消される

でしょう。

 

底で思いついたのが、出産予定のある

いとこのペドロ夫妻の子供を誘拐する

という大胆なものだったのです。

スポンサーリンク

フィラデルフィア生後10日乳児死亡偽装誘拐事件の犯行方法は?

犯行自体も大胆なものでした。事件の

当日、ヒーターの前にスプレー缶を起き、破裂させ

炎上させます。

 

爆発のどさくさにまぎれ連れ去り、自宅へ。

出産証明書を偽造して『アリーヤ』と名付け

たのです。

アリーヤからデリマールへ!母子の証明はDNA鑑定

ルースはデリマールをキャロリンから取り戻す

為に証拠を集めます。とはいえ、決定的な証拠は

既に6年前の火事で消失されたと思われました

 

しかしルースは当時最新の鑑定法だったDNA鑑定

に希望をのせます。

 

ルースはアリーヤの髪にガムがついてると嘘を

つき、アリーヤの毛髪をガムを取るフリをして

入手。

 

しかしここで誤算が生じます。警察は捜査対象外

の検査を受け付けていない事。

 

そしてDNA鑑定に必要なのは髪の毛ではなくて

その毛根だったのです。

 

途方にくれていた所選挙活動中の州議会議員の

エンジェルクルーズに助けを求めます。

 

エンジェルクルーズはルースの尋常ではない熱意

を汲み取り、警察に再捜査の要請をします。

 

調べてみると、当時の捜査のずさんさも浮き彫りに

なってきたのです。

 

火災から14分で鎮火していた為、乳幼児といえども

骨も残らないのはおかしいこと。当時、『遺体らしきモノ』

として運ばれたものはカーペットの残骸だったこと。

 

DNA鑑定も警察のするオフィシャルなもので

行われました。

 

ところが、キャロリンはここで偽装工作を

働きます。採取するおり、アリーヤの口の中に

薄めた漂白剤を塗布。これにより正確なDNA鑑定

を出来なくする作戦でしたがこの事を捜査員に

アリーヤが告げます。

 

難なく翌日に再採取が行われ、結果、キャロリンと

アリーヤは親子関係ではない事が判明しました。

そして、アリーヤはルースと親子関係で有ること

も証明されたのです。

スポンサーリンク

アメリカフィラデルフィア生後10日乳児死亡偽装誘拐事件のその後

デリマール誘拐犯のキャロリンは放火・誘拐・暴行

親権侵害の罪などで懲役30年の刑に。

 

アリーヤはルースに引き取られ、デリマール

に改名しています。

まとめ

身勝手な理由で一家の未来を奪ったいとこ。

毒いとこここに極まれりなはなしですね。

日本でももしかしたらこういう事件はある

のかもしれませんね。。あったらすげえ

ニュースになりそうですが・・・・

以上となります!

 

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事