スポンサードリンク
スポンサーリンク

こんちはニッチマンです。

 

もういい加減滅んで欲しいですね。迷惑系YouTuber。

 

タダでさえYouTuberって一部の異常な人の所為で肩身狭い思いしてると思うんですよ。中にはちゃんといい動画を作ってくれてる方も大勢いるのに目立つのは悪い部分がどうしても多くなりますね。

 

それは人目につこうと悪事を働く迷惑系YouTuberの所業によるものが多いと思います。今回もこの年末に無駄に警察の仕事を増やした男が逮捕されました。

自称・ユーチューバーの川西康司容疑者(28)は、山口県防府市の墓地で、土足で墓の上に上がり、卒塔婆(そとば)を振り回しながら、奇声を上げるなどして、墓に対して冒涜(ぼうとく)する行為をした疑いで、3日に逮捕されました。

川西康司容疑者が逮捕された罪状は礼拝所不敬罪?

川西容疑者が逮捕されたのは罰当たりにも墓石の上で卒塔婆を持って奇声を上げて暴れるというもの。なんと罰当たりなんでしょうか?

 

こんな事するとシャーマンキングのリメイクに悪影響でそうです・・・卒塔婆ぶん回すからね・・・あれも(笑)

 

さて話を戻して、川西容疑者の自身の供述でこの様なコメントがあります。

 

 川西容疑者は「再生回数を増やしたかった。悪いことをしている認識はあったが、犯罪になるとは思わなかった」と話しているということです。

さて、これ、なんて犯罪なんでしょうか?調べてみると刑法第24章にそれらしきものがあります。

礼拝所および墳墓に関する罪

最初県の迷惑防止条例違反みたいなのかな?と思ったら刑法にちゃんとそれらしいのがあった。。そりゃ言われてみればあるかもしれないけどそもそも罰当たり行為すぎてそこで犯罪犯すって事頭の中になかったよニッチマンは・・・・で、その罪状はといいますとこちら。

 

礼拝所及び墳墓に関する罪(れいはいじょおよびふんぼにかんするつみ)は、刑法第24章「礼拝所及び墳墓に関する罪」に規定された犯罪類型の総称。とウィキペディアにもあるように、協会やお墓などで起きた犯罪に対して適応されます。

 

今回のケースで考えられそうなのが下の2つかな?と思います。

礼拝所不敬罪

神祠、仏堂、墓所その他の礼拝所に対し、公然と不敬な行為をする罪(刑法第188条第1項)。法定刑は6月以下の懲役若しくは禁錮又は10万円以下の罰金(刑法第188条第1項)。

本罪の行為は公然と不敬な行為をすることである。この時の公然とは時間帯によらずたとえ深夜帯で人の目がない場合でも適応される。

墳墓発掘罪

墳墓を発掘する罪(第189条)。法定刑は2年以下の懲役(第189条)。

本罪の客体は「墳墓」であるが、現に祭祀礼拝の対象となっているものでなければならず、既にその対象となっていない古墳は本罪の「墳墓」にあたらないとされる。

 

でもよく見ると墳墓発掘罪は掘り起こしたりしてるわけでもなく、今の所礼拝所不敬罪が一番有力かなぁと思いますね。

 

墓所も礼拝所で有ることは間違いないのでこの罪が適用されると思います。。。というか、罪になるならないを置いておいてやってはいけない事くらい28歳にもなってわからないんですかね?

 

これで彼の家族もまた肩身狭い思いをすると思うとなんともやるせませんね。。。ご家族の方かわいそうに。。

まとめ

川西容疑者の墓に対して冒涜(ぼうとく)する行為をした疑いは礼拝堂不敬罪の可能性が高い。墓の上に乗ったりしちゃダメだぞ!いい子のみんな!以上です!