スポンサードリンク
フワサラコンビーフの作り方・レシピは?家庭で作れる?【所さんお届けモノです】
スポンサーリンク

こんちは!ニッチマンです。

先々週くらいの所さんお届けモノです

で話題となったコンビーフ革命?といっても

過言ではないコンビーフ。

 

フツーのかんかんに入ってるコンビーフって

油脂分が多くてギットリしてるものが多い

とおもうんです。

 

紹介されていたコンビーフは油で固めた

のではなくてあくまでライトに仕上げた

コンビーフでふわっとさらっとしてる

のが特徴。

 

今、自宅待機してる人も多いと思うので

(ニッチマンもだけどね)この【フワサラ

コンビーフ】を作って見たいと思います。

スポンサーリンク

フワサラコンビーフの作り方・レシピ!家庭でも作れるの?自家製にチャレンジ!

まずは材料からみていきましょう。

フワサラコンビーフの材料ですが意外と

シンプルなようです。

フワサラコンビーフの材料
オーストラリア産牛もも肉・塩・水(多分ソミュール液だとおもうのでそれなら香味野菜や香辛料がいくつか入る)

基本的には以上で作れるようです。

フワサラコンビーフを作っているお店

【フランクフルト】さんのHPで内容物

を確認しようと思ったのですが表記がな

いので後は想像となりますが。。。

 

入れるとしたら香辛料と発色剤に亜硝酸塩

くらいでは?と思います。

 

オーストラリアの肉を使う理由は価格を

抑えるのとふわさら感を出すのに脂が不要

であるためと思います。まぁ、和牛でも

アメリカンでもメキシカンでもウルグアイ

ン?でもなんでも大丈夫でしょう。でも

部位はもも肉が筋が少なくて後々楽だと

は思います。

 

所さんお届けモノですで紹介のフワサラコンビーフの作り方

では早速番組で紹介されてた作り方を

見ていきます。

5日間塩水につけたオージービーフのもも肉を

圧力鍋で3時間半煮ます。

 

その後、ミキサー(撹拌機アタッチメント)

で細かくほぐしていきます。

バットに開けて冷蔵庫で一日寝かせ

翌日手でもみほぐして完成。

とまぁ非常に工程的には簡単。

 

じゃあ、家で作ってみましょうか。

フワサラコンビーフを家庭で作る方法!自家製フワサラコンビーフを作ろう!

さて、フワサラコンビーフを家で作る

ってことで早速開始します。

 

まずは工程の見直し。めんどいところは

端折るスタイルでいこうかと。

 

オージーもも肉を塩水に4日間~5日間つける。

この工程、所謂ソミュール液とかピックル液とか

言われているものにつける工程となります。

 

ソミュール液は基本的には塩分濃度15%程度

が基本となるので水85gに対して塩15gの

塩水を用意。最も用意する肉の量によって変わる

とは思いますが、500gの肉なら最低倍量の

塩水が望ましいと思います。

 

というわけで、この塩水につけるという方法は

今回は見送ります。理由としては塩水漬けの方

法は大量のお肉などで仕込む時に仕込みムラを

無く方法&肉にしっとり感を与える効果を狙っ

てする事が多いのですが、家では何キロも仕込

む事は無い+圧力鍋でガンガン炊くのでしっと

り感のメリットもさほど有りません。

 

というわけで、最もクラシカルな『擦り込み法

』で塩析をかけていきます。

家庭用フワサラコンビーフの材料
オージービーフもも肉:500g
塩:15g
砂糖:7.5g
黒胡椒:7・5g
ナツメグ:1g

全体にまんべんなく刷り込みます。この後、

ポリ袋に入れてなるべく空気に触れないように

口を結んでチルド室で4日間放置。イマココ。

 

こちらの記事は現在進行系なので新しい

工程に入り次第アップします。完成までイマしばらく

おまちくださいませ~(完成予定来週の火曜日位)

 

 

おすすめの記事