スポンサードリンク
ハスナット・カーンはダイアナの最後の恋人?禁断の恋の末の事故死の真相や別れた理由は?
スポンサーリンク

こんちは!ニッチマンです。

昭和から平成、平成から令和へと

時代が変わっていきましたが

間違いなく平成でおきた事故の中で

ダイアナ元妃の死去は記憶に残るものでした。

 

その死は色々と謎に満ちており、その裏を

とるべく各種メディアがこぞって報道して

いたのを思い出しますね。

 

ときは令和の4月に極限ワールドミステリー

でダイアナの23年目の真実として事故の真相

や天才外科医との禁断の愛について語られる

ようです。

 

とはいっても、ある程度は既存の情報の焼き

直しの内容にはなってるとは思うのですが

 

解る範囲で調べてみました。

スポンサーリンク

ダイアナの禁断の愛の相手は外科医ハスナット・カーンとは?

まず、極限ワールドミステリーで出てくるダイ

アナの禁断の愛の相手とされるのがおそらくは

ハスラット・カーンと言われるパキスタン系の

イギリス人。

 

まずは彼について少し紹介します。

違ったらごめんなさい。でも、現状彼しかいない

んで本当にもうひとり別に外科医がいたらそれは

かなり衝撃なんですけどね。

ハスナット・カーンのプロフィールや経歴

1959年4月1日生まれ、あら、おめでとうございます。

現在61歳。

 

パキスタン生まれで4人兄弟の長男としてこの世に

生を受けます。

 

親戚にパキスタン首相を務める人物がいる才家の

出自でかつては遠縁にロスチャイルド家ともつな

がっていたこともあるのだそう。

 

むちゃくちゃ良家の方ですね。自身もダイアナ妃亡き

後に旧アフガニスタン王国の王女と婚姻関係にあった

事もあります。この婚姻関係はすでに解消されている

ようですが。。

 

学歴はロンドン大学を構成するロンドン・スク

ールオブ・エコノミクス(LSE)に進みそれを

卒業。

 

続き医大のインペリアル・カレッジスクール・

ブ・メディシンを卒業。

 

共に欧州トップクラスの実績を誇る学校であり

彼がエリートであることを伺わせます。

 

卒業後はシドニーの病院にて勤務後、ロイヤル

プロンプトン病院・ロンドンチェスト病院など

数々の病院を転院、キャリアと積んでいきます

 

その後、イギリス国籍を取得、イングランド王

立外科医師会(FRCS)に名前を連ねます。

 

この外科医師会は英国連邦参加国において最上

級の医師である証明ともなっています。

スポンサーリンク

ダイアナとハスナット・カーンの馴れ初めは?

禁断の愛と思われる二人の恋愛、どういう

経緯ではじまったのか?

 

それは1995年にダイアナ元妃が外科手術

の見学に訪れたことがきっかけだったそうで

す。

 

出会いは見学なのですが、それがどうして

恋愛に発展したのか?それについてはくわしく

書かれた情報ソースがなかったですね。

 

そもそもダイアナ元妃のスキャンダルがここま

でメディアを燃えがらせたのはチャールズ王太

子とカミラ氏との話も含めなければならないの

ですがここでは割愛。

 

1995年にはすでにダイアナ元妃の心は

すでにチャールズ王太子にはすでになく、

一人の女性になっていたんでしょうね。

ダイアナ最後の恋人と見られていたドディ・アルファイドとの関係は薄かった?

ここで、ダイアナ元妃が事故死した時に一緒に

いたドディ・アルファイドという人物について。

 

婚約指輪を用意していたという話もあり、

事故がおきなければプロポーズも考えて

いたのでは?という話さえある彼。

 

多くのメディアは彼が一緒に死んだことで最後

の恋人として報じており、結婚間近ともいわれ

ていたそうですが、実は関係性が希薄だったの

では?という新事実が囁かれています。

 

実はダイアナとのあった回数や時間は彼の父で

あるモハメッド・アルファイドや20歳年上の

ビジネスマンであるグル・ラルバニという人物

とバカンスを多く過ごした事がわかっています。

 

最も、ラルバニさんとの関係については肉体関係

はなく、ハスナット・カーンへの当て付けとして

の付き合いだったとダイアナ元妃の友人の証言が

でていますが。。。

ラルバニさん可愛そう(´;ω;`)

 

件の人物、ドディはダイアナが二人の王太子を

連れて休暇の為にサントロペを訪れた時、その

休暇の招待をしたのがドディの父であるモハメ

ッドでした。

 

兼ねてからダイアナ元妃と懇意にしていた人物

は父のモハメッドだったようです。

 

しかし、ドディもまた、ナスハット・カーンと

の関係の当て馬にされたのでは?という考えが

でてきそうな話もあります。

スポンサーリンク

ドディ・アルファイドはナスハット・カーンへの当て付けに使われた?

ダイアナ元妃の不思議なところはあまりにも

多くのメディア露出があったこと。

 

その気になればもっとこっそり事を運ぶことが

可能だったはずです。

 

しかし、実はそれらはわざと見せていたので

は?ともいわれているそうです。

 

一例を揚げると、ドディ・アルファイドとの

サルジニアでの休暇などはわざと取らせた事

がわかっています。

 

これが本当なら悲劇すぎますね。

 

ん?そういやハスナットとはなぜ

わかれたのでしょうか?

ハスナット・カーンとダイアナが別れた理由は?

初めこそは惹かれ合った二人。しかしそんな

二人をパパラッチが逃すわけもなく、やがて

二人の交際がバレてしまいます。

執拗に追いかけるパパラッチの怖さはダイア

ナは知る所ですが、医者であり一般人であっ

たハスナットには未体験の領域でした。

 

交際をすっぱ抜かれ、一夜にして自身の置か

れた状況がいっぺん。

 

職場でも浮いた存在となり、立場も危うくな

ってしまいます。そうして精神的に追い詰め

られたハスナットにとどめを刺したのが良か

れと思ってダイアナがリークしたハスラット

とは関係がないというニュース。

これに男性としてのプライドを傷つけられた

ハスラットはダイアナとの交際が難しい事を

考えるようになり二人の幸せはもろくも崩れ

さってしまいかけます。

 

解決策として考えたのが結婚でしたが、ハス

ナットは故郷パキスタンで病院をする夢が、

しかしダイアナも二人の王子がイギリスにい

てパキスタンにはいけないという事情が。。

 

さらにはハスラットの母親はダイアナとの結婚

を反対。数々の障害があり、二人の未来は閉ざ

されてしまったそうです。

 

今度こそ幸せをつかめると思ったダイアナ。

その落差は恨みを持っても不思議ではなかっ

たのかもしれませんね。

ダイアナが本当に愛していたのはチャールズ皇太子?

カミラ氏との事でダイアナ元妃の心は離れてい

たと思われたが友人の証言によるとダイアナ元

妃はチャールズ皇太子こそ本当に最後まで愛し

た人物という話もあるそうです。

 

ハスナット・カーン氏とは相性が合わない

と漏らしていたとも。

 

二人の子供を育てる母として父にふさわしくは

無いという目で見ていたともいわれているそう

です。

 

カーン氏と結婚することで、二人の王子と一緒

に入れることができない可能性を感じたことが

カーン氏と分かれる原因になったのでは?とさ

れています。

 

その友人曰く、本当に愛していたのは

チャールズ皇太子だそうです。

 

チャールズ皇太子とカミラ氏のことももちろん

責めはしたが、それよりも王室からのサポート

不足によるところが1番の離婚の理由だったと

友人は語っています。

 

王室のサポートさえあれば、今でも・・・

という気持ちがあったのかもしれませんね。

スポンサーリンク

ダイアナの23年目の事故の真相とは?

事故の原因は大きな誤算が3つあったそうです。

 

事故当日はドディの父親モハメッドが経営する

パリのホテルに宿泊予定だったのですが、パパ

ラッチの数が一大スクープ目当てで巨額の富を

得た同業者がいたことで激化。

 

用意したホテルには観光客とパパラッチがおし

寄せた状況だった。

 

これにより、ドディがおさえれるだけのパパラ

ッチの数を超えてしまった

 

2つ目は、ドディが用意した運転手兼ボディ

ガードをパパラッチの行動のせいでドディが

不信感を持ち、ホテルの従業員(つまり父親

がオーナーなので信用に足る)にパパラッチ

から逃げる時の運転手にしてしまった。

 

さらにこのホテル従業員は自分は運転しない

と思っていたので、バーで飲酒をしていた。

 

3つ目、ホテルからドディの別宅に避難する

予定で、囮の車を表につけて、そちらに群が

っている間に裏から逃げる算段だったが、ば

れてしまっていた。

 

この3つが重なりあの不幸な事故が起きたという

のです。警察はホテル従業員による飲酒運転の

操作ミスを指摘。しかしドディの父親は陰謀説を

唱えます。

イギリス王室の陰謀?ダイアナ暗殺はMI6が絡んでいた?白いフィアットの男はなぜ車を赤く塗ったのか?

ドディの父親のモハメッドはイギリス王室の陰謀説

を唱えます。

 

理由としては元王妃であったダイアナとドディ

との間に子供が生まれれば、二人の王子にとっ

て異父兄弟が誕生する。

 

イギリス王族の異父兄弟が将来、王室の禍根に

なりうると考えた王室がダイアナ暗殺を企てた

というもの。

 

王位継承権の話がどうなるかは全くしらない

のですが、チャールズ皇太子の血が入ってない

為直接的には関係なさそうですが・・・わずか

な可能性も残さないということなのでしょうか?

 

事実、ダイアナはこの可能性を誰よりも危惧して

おり、長年使えた執事に『誰かが交通事故を企

ています。ブレーキの故障で私は頭に怪我をし

てしぬでしょう』と手紙で予言めいた事をのこして

この世を去っています。

もっとも、この文面からは車に細工されて

の単独事故を想定してるようですが。

 

また、後のパリ市警の捜査によって、ダイアナ

の車に接触して間接的な事故原因を作ったと

される『ゆっくり走る白いフィアット』の男性も

特定。

 

パリ郊外に住む20代の警備員の男性と身元も

割れて入るのですが、彼の不可解な行動も注目に

値します。

 

事故当日、焦燥感あふれる様子だったという彼

その彼の白いフィアットは真っ赤に塗り替えら

れていたそうです。

これが証拠隠滅の為なのか。どうなのか?

国家が絡む証拠隠滅ならあまりにもおそまつ

な為、事故の報告を怠った彼はその事実を

消すために赤色に塗り替えただけと思うの

ですがどうでしょう?

 

MI6が絡んでいてこのお粗末さはないと

おもいますが、裏で何らかの取引が。。。

とか考えられるのが陰謀ってやつですね。

恐ろしいです。

まとめ

ダイアナには外科医ハスナット・カーンと

いうパキスタン出身のイギリス人の恋人が

いた。

 

良家の出身で確かな技術を持つ外科医師

だった。

 

最後を共にしたドディ・アルファイドという

人物が実は当て馬になっていたかもしれない

という話もある。

とりあえず以上!ほな又の!^^