スポンサードリンク
スポンサーリンク

こんちはニッチマンです。

 

芦名星さんが若くしてこの世を去りました。彼女に何があったのかは知る由もないのですが、ご冥福をお祈りします。芦屋さんの出演作である仮面ライダー響鬼の役柄について改めて見てみたいと思います。

スポンサーリンク

仮面ライダー響鬼とは

ニッチマンは平成ライダーはアギト辺りまでは記憶にあるのですが、響鬼あたりは全くの未履修です。なので今回の件で芦屋星さんへのヤフーコメントを拝見して仮面ライダー響鬼に出演していたのを知ったので興味が出たから調べてみたんですね。

 

仮面ライダー響鬼は平成ライダー6作目。キャッチコピーは【ぼくたちには、ヒーローがいる】中々勇気づけられるコピーですね。ジャンプの『友情・努力・勝利』のような・・・

 

wikiなどで調べると仮面ライダー響鬼では通常のライダーを踏襲するというより、新しい物を生み出すというスタンスで制作されているようにな印象を受けます。『平成の仮面ライダーアマゾン』と形容されたようですが、これ実に解りやすい。

 

仮面ライダーアマゾンはそれまでのライダーと一線を画すものでした。そもそもバッタじゃねーし。アマゾン以降のライダーはカブトムシ(ストロンガー)スズメバチ(スーパーワン)など表現の幅が増えたのは間違いないですね。

 

内容としては「鬼」と言われる戦士に変身して魔化魍と呼ばれる怪物と戦います。武器は楽器で主人公の響鬼は和太鼓のバチを持って戦ったりします。また返信アイテムは王道の「ライダーベルト」ではなく「変身音叉」といわれる音叉を鳴らして変身するというかなり既存のライダーのイメージを逸脱した雰囲気。

 

放送年は2005年の1月30日~翌2006年の1月22日の一年間で伝統の日曜日の朝8時枠でした。この枠は仮面ライダーや特撮にアニメと良い子を早起きさせる狙いでもあるのか?と幼いニッチマンは疑ってしまうほどの子供のゴールデンタイムですね。

 

そんな平成の仮面ライダーアマゾンと比喩される響鬼において、芦名星さんの役について。

 

芦名星の役は敵の幹部クラスの役も!姫・クグツ・洋館の女・謎の女

芦名星さんはこの作品で、多数の役柄を兼任されています。とはいえ、実は同一人物?とかクローン?的な存在だったりするわけですが・・・

仮面ライダー響鬼の姫・スーパー姫

仮面ライダー響鬼で幹部クラスの敵役に位置する姫ですが、『童子(村田充)』と二人一組で行動する通常時は人間と変わらない姿をした女性として描かれています。戦闘時になると怪物姿に『変身』します。後述するが童子と姫は後にパワーアップして「スーパー童子」と「スーパー姫」になりますが、それ以前の二人は声を入れ替えて、童子役の村田さんのセリフを芦名さんが、姫はその逆で放送しているのも特徴的ですね。

 

少し後半になると和風の戦装束で怪物化無しで戦う「スーパー姫&童子」になります。ビジュアル的にこっちのほうが人気が出ると踏んだのでは?とニッチマンは予想している。芦屋星さんお美しいですし。このスーパー姫になるとそれぞれの声の入れ替えがなくなっています。アフレコの手間無くなっていいですね(笑)

 

彼らは所謂『一般怪人』である『魔化魍』を育てる為の存在で、魔化魍と同じく響鬼達に倒されると爆散して土塊と化します。やっつけてもやっつけても出てくるので、個体は複数いるのでは?と推察されているようですね。公式設定でどうなってるかは知らない。

 

スーパー姫は後述する「洋館の男女」が新しい戦力として自身の髪を媒体にして生み出した存在。彼らの誕生で後述のクグツは用済みとなります。

仮面ライダー響鬼のクグツ

童子と姫を生み出した存在。手とか眼とかから謎の念力みたいなのを放ったりとかなりの強キャラ設定。魔化魍と童子と姫が平社員と係長クラスならクグツは課長クラス。

 

彼らもまた作られた存在であり、後ろには『洋館の女』達が存在する。スーパー童子とスーパー姫が誕生すると中間管理職の不運かお役御免となりリストラ(抹殺処分)されます。

仮面ライダー響鬼の洋館の女

クグツやパワーアップ版の童子や姫を操る男女で童子と姫のモデルとなった存在。部長クラス。新たな魔化魍を生み出す実験などを行う。話の中でスーパー姫と童子に響鬼ら「鬼」と協力するように命令するがぶっちされる。

 

かなり強いがなぜ魔化魍やクグツを操ったり、魔化魍を生み出していたのか?その目的が謎で最終話でもわからず仕舞いだったようです。

仮面ライダー響鬼の謎の女

洋館の女の上位存在。社長クラス?もしかしたらもっと上がいるかもしれない。最終回でちょっと出た明治時代の洋装のようなピシッとした姿で現れる。何者なのか本当に謎。

芦名星の仮面ライダー響鬼の役は名前がないのにほぼ敵陣営首脳陣

そうなんですよね。芦名星さんが演じた敵の幹部怪人クラスの面々です。配役の固有名?が出てこないにもかかわらず「響鬼」の世界の中では敵首脳陣を網羅しています。

 

村田充さんと二人で「魔化魍有限会社」を経営して、各役職を兼任しているような雰囲気すらありますね。笑

 

とはいえ、今から15年前の作品で芦名星さんはまだ20代ですが、その不気味な役作りはかなりマッチしていると思います。現在You Tubeで公式のページから2話まで無料視聴可能。

芦名さんの出てくる所は正直それほど多くはないですが15年前の作品ながら結構見応えあります。一度未履修の方は御覧ください。

まとめ

芦名星さんの仮面ライダー響鬼に出演した芦屋星さんの役柄について調べてみました。お一人で複数役されていたことにびっくりです。今回の件で若い彼女が旅立たれてしまいました。お顔も日本美人でこれから活躍できるはずだったのに非常に残念です。ご冥福をお祈り申し上げます。

おすすめの記事