スポンサードリンク
スポンサーリンク

こんちはニッチマンです。

 

マスクしてる時、ふと『うんこ臭い』と思ったことないですか?普段マスクをする機会があまりなかった人も現在はおおくの時間をマスクしてたりします。

 

以前からマスクした時はこんなニオイ感じなかったのに何故か急にするようになってきたよーな・・・そんな人もいるかも知れません。

 

マスクがうんこ臭い原因と対策について調べてみました。

 

スポンサーリンク

マスクがうんこ臭い原因は?

マスクが臭う・・・そんな時ありますよね?まず試して欲しいのが『新品の着用していないマスク』を嗅いでみてください。それでもニオイますか?臭うなら蓄膿症などの疑いがあるかもしれません。

 

通常、マスクが臭う時はだいたい口内環境が悪くなってる事が原因に挙げられるそうです。ストレスによる唾液の分泌の減少などで口の中の嫌気性細菌の量が増え、更にマスクをつけっぱなしという状況が湿度を上げて蒸れを引き起こし細菌の増える環境になる。それがニオイの元になることも。

 

後は基本的なことですが、丁寧な歯磨きで口の中を清潔に保つのも重要になりそうです。

ニオイの原因物質は?

うんこ臭いニオイの原因物質は主にスカトールという成分が主なものだそう。このスカトールと同じ同属化合物のメチルメルカプタン・硫化水素が口臭の約90%を占めているそうです。

 

硫化水素はいわゆる卵の腐ったニオイ、メチルメルカプタンも玉ねぎの腐ったニオイ。ニオイの感じ方は人によって変わりますが、この2つが合わさるとウンコっぽいニオイがするのはなんとなく想像できるのではないでしょうか?

 

マスクがウンコ臭いのを防ぐ方法・対策は?

歯間ブラシを使う

口の中を清潔に保つのが第一にするべきことでしょう。一般的には歯磨きなどはされていると思いますが、特に口臭が気になる人は歯間ブラシで歯の間のプラークを除去するのも効果的と言われています。細菌をなるべく口腔内に負担をかけずに除去するのが一つのポイントだそうです。

舌ブラシを使用して舌苔を取る

また、朝晩2回の舌のブラッシングも効果的なようです。

このような舌ブラッシング専用のブラシもあるので効果的に使いたいですね。

舌ブラシをするとなぜ口臭対策になるの?

ここで舌ブラシをするとなぜ口臭2いいのか?について説明すると舌は非常に細かい舌乳頭という突起が無数に並んでいます。この中に食べかすなどが溜まってくると『舌苔』という白い苔上の塊がつくようになります。

 

これは細菌の塊とも言えるもので口臭の原因になります。口臭の原因はこの細菌が食べかすや剥がれた粘膜のタンパク質を分解して揮発性硫黄化合物を作ることで発生するので細菌の住処である舌苔を取るのは非常に口臭予防では有効とされているからです。

マスクをこまめに交換する

自身の口臭も原因の一つですが、マスク自体に口の細菌が付着して増殖してしまうと当然マスクがウンコのニオイをする原因になります。ニオイが強くなる前に交換するのも一つの手となります。

 

ですが一番の方法は自身の口臭を薄くすることですので構内環境の改善を重視した方が現実的ですね。

まとめ

ふとした瞬間にマスクがうんこくさいと感じた時にする対処法と原因を調べてみました。口の中が乾燥しないようにする事やきれいにする事を意識してみれば、うんこくさいマスクからおさらばできるかもしれませんね

おすすめの記事