スポンサードリンク
スポンサーリンク

こんちは、ニッチマンです。

青春ってなんだ?って感じの条例ができそうですw

 

タイトルは若干意訳してます。

正確には真剣交際意外の18歳未満との

交際が違反になるらしい。。

 

なかなかにユニーク・・・あ、いえ、どうやって判断

するのか難しい案件になりそうです。

 

今回は元となる条例を見ながら、新条例になった

時どうなるのか?個人的に考えてみました。

スポンサーリンク

18歳未満との交際は真剣交際以外は条例違反に?

事の起こりはどうやら逮捕や書類送検の数が

大阪府では他の都道府県に比べて非常に少ない

ことが挙げられるそうです。

 

青少年条例での逮捕書類送検数が神奈川県が

162件に比べ、大阪はわずか一軒。

 

なんだ、健全な都市じゃないか・・・というわけ

ではなく、大阪府の処罰対象となる条件が他の

都道府県より厳しく(加害者に甘い)立件できる

ことが少なかったの原因とみられ、今回の条例

改正に至ったようです。

 

元の大阪府青少年育成条例は?

詳しくはこちらのリンクから確認していた

だければと思うんですが、現行の条例では

交際に関する云々の文言は見当たりません。

 

今回の条例改正の主だった理由としてはやはり

第39条に関することだと思います。内容はこちら

第三十九条 何人も、次に掲げる行為を行ってはならない。

 青少年に金品その他の財産上の利益、役務若しくは職務を供与し、又はこれらを供与する約束で、当該青少年に対し性行為又はわいせつな行為を行うこと(児童買春、児童ポルノに係る行為等の規制及び処罰並びに児童の保護等に関する法律(平成十一年法律第五十二号。以下「児童買春・児童ポルノ禁止法」という。)第二条第二項に該当するものを除く。)

 専ら性的欲望を満足させる目的で、青少年を威迫し、欺き、又は困惑させて、当該青少年に対し性行為又はわいせつな行為を行うこと。

 性行為又はわいせつな行為を行うことの周旋を受け、青少年に対し当該周旋に係る性行為又はわいせつな行為を行うこと。

 青少年に売春若しくは刑罰法令に触れる行為を行わせる目的又は青少年にこれらの行為を行わせるおそれのある者に引き渡す目的で、当該青少年に対し性行為又はわいせつな行為を行うこと。

引用:大阪府青少年育成条例

 

この中の二に該当する事柄が条例改正理由と

なようで、これらの条件の立証が厳しい

ので18歳未満との交際を禁じる事でこういっ

たケースに陥りにくくする、あるいは18歳未

満と交際していた場合に立件の判断基準を増や

すというわけですね。

 

現行は嘘や脅しを用いた場合は条例違反になり

ますが、嘘や脅しなくても違反になります。

スポンサーリンク

真剣交際の線引は?年齢差は関係ある?

今回の条例改正で一番問題になりそうなのは

真剣交際以外の18歳未満の交際を違反として

いる所。

 

真剣交際かどうかの線引が非常に困難なのは

想像に難くありません。

 

当人同士が交際を認めていた場合は当然条例

に触れませんが、それの判断が難しい。

 

過去の判例を見てみると別の都道府県になります

が同意の上でも性交を自身の性欲を満たすこと

のみに行ったとみなされれば有罪になります。

 

現状だと本人の自己申告と親しい人の証言くら

いしか判断基準がないのも問題になりそうです。

 

改正案では18歳未満の未熟さに乗じてわいせ

つ行為を禁じる文言が入る予定ですが、これって

真剣交際を匂わせてわいせつ行為に及んだ場合の

判断が非常につきにくいので厳しいんじゃないで

しょうか?

 

『ヤリ逃げ』する人はだいたいこれに引っかかる気

がするんでそういう人減るなら良いかもですけどw

 

また懸念としては、条例違反を逆に利用した

美人局が横行する可能性すらありえます。

 

未成年とお付き合いしていて、喧嘩別れの段に

なった時に、相手から『騙された!真剣交際じ

ゃなかった!』と言われ、訴えられたらどうな

るのかも気になりますね。。

 

そして年齢差も気になるポイント。

未成年同士であれ、真剣交際以外は駄目なん

でしょうか?

 

青春謳歌中の彼らに、交際に対するハードルが

上がらんかちょっと心配。

 

ちょっと試しに付き合ってみーへん?

 

これがアウトになるなら恐ろしいですねw

(一応『交際』というのは『性交』の事を

暗に言っているという話もあるようです。)

 

なお青少年保護育成条例では、未成年同士で

あっても不真摯な交際における淫行は禁じら

れているようなのでくれぐれも交際は真剣にw

 

真剣交際の線引については、おそらくは

結婚を前提などの建前が必要と解釈する

なら、『親公認の交際』である。あたり

が妥当じゃないかな?と思います。

 

親公認で未成年と交際してるなら真剣交際

と認めるに通常は足るとは思います。

 

まぁ、クズ親がいて娘や息子に。。。

ってパターンもありえなくはないですが

それ言い始めたらどうしようもないですね。

 

※青少年健全育成条例では原則18歳未満

とのみだらな行為は禁じられていますが

真摯な交際における場合は『淫行』にはあたら

ないので例えば高校生カップル等の場合はOK

になるそうです。13歳未満はダメ。

どこに効果的な条例なのか?

立件結局しにくいじゃんって感じですが

一定の真面目な気質のお方たちには効果が

期待できるかもしれませんねw。

 

真剣交際じゃないと処罰対象となると、遊び

で未成年に声を掛ける輩が減るかもしれません。

 

もっとも、こういう事をする人間は他の抜け道

探し出しそうですけどね。

まとめ

大阪府青少年健全育成条例は立件条件が厳しく

て逮捕・書類送検が少なかったので改正案が

でてる。

 

真剣交際以外の18歳未満との交際は条例

違反。

 

真剣交際の線引は不明。というか多分無理。

 

年齢差は関係無いと思われる。

とこんな感じ。健全育成条例初めて全文

目を通したけど、今ってドッコも遊びにいけ

ないのね。。。中学生は門限7時なんですね。

 

映画館とか放課後行くのすら難しい(;・∀・)