スポンサードリンク
長野県赤く染まる恐怖の交差点とは?禁足地としての謂れや場所は?吉田悠軌が紹介!【爆報theフライデー】
スポンサーリンク

こんちはニッチマンです。

 

何故か2週連続の怪奇現象系の爆報theフライデーですね。前回は怪談家のぁみさんのツイッターでバズった写真の怪でしたが、皆さんは場所わかりましたか?

 

今回のテーマは【禁足地】。人が踏み入れてはいけないとされるなにかしらの【イワク】のある土地です。それは神仏の聖域であったり、はたまたあの世とこの世の境とか地獄の入口とかいわれていたりしますね。

 

そんな禁足地を取材したりしているオカルト研究家の吉田悠軌さんが爆報で語ってくれます。長野県に実在する【赤く染まる恐怖の交差点】。その場所は一体何処なのか?

 

色々と検証した後、番組放送をあわせて再度場所を探す・・・という内容になっています。

スポンサーリンク

長野県の禁足地

今回の禁足地でわかってる情報は【赤く染まる恐怖の交差点】【サラリーマンの男性が体験】【長野県】【禁足地】の4つ。これらのワードでネット上を探してみても該当するお話が今回はでてきませんでした。

 

そこで前回の番組終了時の予告動画に流れた吉田悠軌さんの著書からヒントがないか?と探った所著書【ホラースポット探訪ナビ】よりひとつのトピックを発見。

 

長野県に古くから伝わる信仰の一つである【ミシャグジ信仰】についての情報として【上伊那ミシャグジ】として掲載されていました。なのですこしミシャグジ神について先に説明したいと思います。

上伊那のミシャグジ信仰

ミシャグジ信仰をご存知でしょうか?オカルト系の小説やゲームの多くに登場するので知ってる方もいるかも知れませんね。大体のモチーフは蛇神様の様な形で登場する事が多いのっではないか?と思います。あとは男性器の形とか・・・

 

主に中部地方から関東・近畿までに分布する民間信仰の一つとされ、長野県には750社余りの社が存在するとのこと。柳田国男曰く、諏訪信仰を源流とする衰えてしまった土地神信仰ではないか?と推察していた。

 

ミシャグジ神が何の神様か?については諸説紛々あるようで、道祖神、道塞ぎ神だとか、酒の神であるとか古木と石の神であるとか様々である。そもそも、神ではなくて神秘的な力の事ではなかったのか?という話もあるようだ。

 

諏訪大社の神事の折にもミシャクジ神を降ろしたり上げたりする事もあり、諏訪信仰と深い関わりがあるのはわかってはいるもののその正体はよくわかっていないとされる。

 

尚、ミシャクジを降ろす依代となる人部は大祝と呼ばれ、現人神として祀られたとの説もあり、この大祝である内は諏訪郡をでてはならない、人や馬に触れてはならないという掟がある。

 

これを破ると一族郎党に祟りがあるとされ、過去に破った諏訪為仲という人物の行く先々で人死にの不幸が起こったことが有るとされた。但しこれがミシャクジ神の祟りであるとの明確な伝承は残ってはいない。

 

この話の他にもいくつか【祟り神】である事を思わせる記述があるのだが、それは諏訪に伝わる古くからの信仰の中に生贄を捧げる信仰があった。諏訪には縄文時代からの生贄を捧げる習慣があるらしく、現在もアカガエルを捧げる蛙狩神事(かわずがりしんじ)というものが残っている。

 

正月の元旦に諏訪大社で行われる神事だが、ミシャクジ神を蛇神として祀るなら納得がいく。更に古くは赤子を捧げた・・・という話もあるのだが真偽の程は不明である。

 

この様に生贄を捧げる風習があったとの伝承から祟り神であるという認識が生まれたのでは無いか?と思うのだが、どちらにせよ古くから信仰されてきた神様である為おいそれと粗末に扱ってはいけない存在なのは確かだと思う。

 

上伊那でのミシャクジ信仰について調べてみたものの、上伊那での限定的なミシャクジ神の話はネット上には情報が出てはいなかった。

 

長野県の赤く染まる道祖神としてのミシャグジ神の祠を移転した?

今回のテーマが禁足地であるとするなら、道祖神としてのミシャクジ信仰がそれに当たると思われる。元々道祖神は村々の入り口などに置かれ、厄災を防ぐ、または逆に出ていかないようにするいわば【結界の要】として祀られる事が多いとされる。

 

今回の件でいうなら、ミシャクジ神の祠や社のあった場所を移動させてその場に交差点を敷いたとしたら?とも考えられる。のだが、実は調べた中ではミシャクジ神の禁足地とされるのはミシャクジ神の神事を執り行っていた神職以外立ち入り禁止の裏手の山は禁足地としてあったものの他では見つける事はできなかった。では一体長野県の赤く染まる交差点はどういったものなのだろうか?

スポンサーリンク

爆報theフライデーで紹介の長野県赤く染まる交差点の場所は?

番組終了しましたので追記していきます。まず、ミシャクジ神は関係なかったですね。。。(;・∀・)

 

長野県のY市の交差点との説明があった。あるサラリーマンの男性が交差点に差し掛かり赤信号で停車。すると突如異変が。目の前がぼやけ焦点があわない。次の瞬間、目の前が赤くなり気絶。

 

いったい彼に何が起こったのか?その後何事もなく過ごしていたが数日後再びその交差点に行くとまたもや視界が赤に染まる。そして気絶してしまうのだ。

 

同じ交差点で気絶。一体何が?病院で検査を受けると何処も異常がないという。

 

実際にこの交差点行ってみると交差点は神社の参道を塞いでつくった交差点であり、この様に参道を遮って作った交差点は良くない事がおきるという。

 

それだけではなく、その交差点では過去に事件が起きていたのだという。交差点近くのマンションから屋上から転落死。その時に転落した人物が最後に見たのが真っ赤な景色ではないのだろうか?と言われている。

 

この様な禁足地は全国に多く存在するという。交差点が恐ろしい禁足地と言われてい理由は交差点では恐ろしい行いがされることが多く、供養することで怪奇現象が起こる事が収まる事があるらしい。確かに犬神の呪いは人の往来のある交差点に飼い犬の首を埋めてどーとかこーとかする呪法だったよーな。。

長野県Y市の神社の参道を潰した交差点と転落事故のあったマンションは?

というわけで、番組の情報だと【交差点が神社の参道を潰して作られた】【過去に近くのマンションから転落事故があった】【長野県のY市】この3つの情報が出てきました。

 

この情報を元に場所を調べてみましょう。・・・・早速頓挫します。長野県にはY市がない

 

長野市・松本市・上田市・岡谷市・飯田市・諏訪市・須坂市・小諸市・伊那市・駒ヶ根市・中野市・大町市・飯山市・茅野市・塩尻市・佐久市・千曲市・東御市・安曇野市の20の市が存在するのだが、【Y】から始まる市が存在しない。

 

これはわざと特定されないようにする為なのか?【INA】とかをまさか【YNA】とは表記しないですよね? ちなみにYから始まるのは泰阜村・山形村・山内町の3つの村となるのだがおそらく違う。

 

事件から探って見ようと『長野県・マンション・女性・転落』などのキーワードで検索するも該当しそうな情報が出てきません。

 

せめてY市でなければ大島てるなどから該当物件もさがす事ができたかもしれませんが、架空の市の情報だけですと特定は不可能なようです。

 

一応、飯田市・飯山市・伊那市の大島てるで交差点の物件調べましたが、該当事件は見落としてなければなかったです。流石に長野県のすべての事故物件調べるのは辛いので今回はこれにて調査終了とさせていただきます。

 

参道を壊して十字路に・・・とありますが参道兼道路になってる所はおそらく割とあると思われます。諏訪大社の『神宮寺交差点』なども同様だとおもうのですがどうでしょう?

まとめ

今回、残念ながら場所の特定をすることができませんでした。もう少し調べてみますが、情報が少なくおそらく場所を調べるのは難しいと思われます。

 

予想していたミシャグジ神とは何も関係はなかったですが、やはり神社の参道などを潰して交差点を作るのは良くないようです。。。ですが、熊本ではすっごい所あります。

絶賛参道に道路できてます。。。以上です。今回は場所わからずにすみませんでした!