スポンサードリンク
おカネの切れ目が恋のはじまりのブルーレイ・DVD化(円盤化)発売はある?
出典:TBS
スポンサーリンク

こんちはニッチマンです。

 

大きな才能と愛される人柄で多くの人に惜しまれながらこの世を去った三浦春馬さん出演のドラマ『おカネの切れ目が恋のはじまり』の放送がどうやら決定したようです。

 

同ドラマのHPに7月31日付けで『9月15日から放送』と告知されています。

 

 

ドラマは4話の途中まで撮影されており、それに合わせて脚本を変更。4話完結にするという異例の手法で撮影・放送されるとの事。

 

一体どんな話になるのか?どういう着地点を迎えるのか?三浦春馬さんファンならずとも気に成ってしまいます。

 

 

おそらく、台本の書き直しに合わせて4話で終われる様にいくつかのシーンは整合性を与える為に取り直したりすると思うのですが・・・

 

そしてファンなら気になるがドラマのBDやDVD化があるのか?など気になります。というわけで個人的な考えを書いていきます。

スポンサーリンク

おカネの切れ目が恋のはじまりBD/DVD化は可能?利益やファンの声が決め手?

ニッチマンの考えですと可能ではあるのですが、TBSがどう判断するかですよね。今回の放送も本来ならお蔵入りの可能性があったにもかかわらず、ファンの熱い思いが届き異例の4話構成に変更しての放送となりました。

 

4話という長さは一般的に販売されているBD/DVDなどではだいたい2枚になります。(だいたい一枚あたり2話づつ入ってる事が多い)

 

円盤化するにあたって、制作側が求めるのは第一に『利益』になります。過去に放送されたドラマも全てが全て円盤化しているわけではありません。

 

ドラマの人気などから、購入者がある程度確保できて『利益』につながると判断して初めて円盤化されていると思います。

 

 

例えば別局にはなりますが、テレビ朝日の『おっさんずラブ』のDVDは大きな利益を局にもたらしています。この様に話題性があり購入者も多いとみこまれるドラマはBD/DVD化する可能性が非常に高くなります。

 

 

では『おカネの切れ目が恋のはじまり』はどうでしょう?もちろんこの秋放送されるドラマでは間違いなくトップクラスの注目度を誇ります。すでに多くの声で放送が決まったこともあり一定数以上の関心は間違いなく得ています。

 

逆に懸念される部分を考えてみると『ドラマ自体が面白くない』事が原因で人気が無い場合。ドラマ作品としての価値を求める層が離れたと覆われる場合。

三浦春馬ファンの方なら持っておきたいBD/DVDとは思いますがそれは『人物』にフィーチャーをあてたいわゆる『ファンアイテム』。ドラマ自体の面白さが今ひとつな場合、売上が見込めない可能性も存在します。

 

そして『三浦春馬』さんの遺作となる本ドラマの円盤化を良しとしないファンの声。あたりでしょうか?わかりやすい事例をあげるなら『X-ジャパン』の『hide』さんのコンテンツを延々とビジネスに使われる事を良しとしないコアの方もおられたりします。また、ファンの中には三浦春馬でお金もうけをしていると感じる方もいるかも知れません。

 

もっとも、hideさんのケースは没後から相当長い時間コンテンツとして存在しているのでそういった声も強いのかもしれない事をあわせて申し上げておきます。

 

逆に『演者三浦春馬』を風化させないという意味で映像作品として残す事に賛成なファンも多いと思います。忘れない事が供養なのですから。

 

このような両者の声に耳を傾けつつの判断になるかと思います。

 

まとめると、『商業的に利益が出て、世論(ファン)が肯定的なら円盤化の可能性が高い』と思います。

 

まだ放送していないドラマの円盤化を望む声を今から届けていたら、かなり実現する可能性が高いんじゃないでしょうか?ご所望の方はTBSにどしどしリクエストをするのがいいのでは?

と思います。

 

またそのうちTBSにも問い合わせて見ようかなと思いますのでまたそのうち追記します。