ロバート・ダーストの事件とは?妻キャスリーンや友人スーザン・バーマンや隣人モリス・ブラックの失踪と殺害
https://www.afpbb.com/
スポンサーリンク

こんちはニッチマンです。

 

日曜THEリアルでミリオネアの殺害告白が

取り上げられますね。

 

純資産約6200億円の大富豪の周囲で起こる数々の事件…世紀の裁判 ミリオネアの殺人告白 今年3月、全米が注目する裁判が始まった。裁かれるのは、米・トランプ大統領をしのぐほどの大富豪一族の長男ロバート・ダースト。彼の周辺では、妻が失踪し、親友が何者かに射殺され、隣人がバラバラ遺体で発見されるなど不審な事件が相次ぎ“疑惑のミリオネア"と長年呼ばれてきた。その数奇な人生は、本人を取材し疑惑を追及したサスペンス映画が制作されるほどだった。これまで数々の疑惑から逃れてきた彼だったが、ある音声がきっかけでついに逮捕される。 「俺がみんな殺したんだ」…それは、殺人の告白ともとれる一言だった! 金で無罪を勝ち取ってきた純資産約6200億円の大富豪…その男の結末とは?

ドキュメント番組の収録中にうっかり

と独り言で事件の犯人であることを

暴露した彼、一体どんな事件だった

のか?しらべてみました。

 

翻訳サイトを駆使してるのでちょっと

意訳してる部分もあります。

スポンサーリンク

ロバート・ダースト第一の事件【キャスリーン・マコーマック・ダーストの失踪】

1982年にロバートダーストの妻

キャスリーンが失踪する。

 

彼女はアルバート・アインシュタイン医科

大学の4年生であり、学位取得までわずか

数ヶ月の時点での出来事だった。

 

小児科医になることを目指していた彼女が

最後に目撃されたのが1982年の1月31日。

 

友人ナジャミーのディナーパーティに出席した

のを最後に消息が消えた。

 

パーティ会場を出る際に夫のロバートから

電話があったことがわかっている。

 

ロバートはこの夜の事を『喧嘩はしたが

妻をNY行きの電車にのせた後、隣人と

酒を飲んでマンハッタンのアパートから

妻に電話した』と主張している。

 

ナジャミーはパーティ会場からキャスリン

が出る時にマンハッタンのパブでキャスリン

と落ち合う約束を取り付けていたが、約束

の時間になってもキャスリンは現れず心配

になり警察へ通報。その後、ロバートも

捜索願を警察に出している。

 

彼女らしき人を見たという証言もあったが

離れている場所からの観察で信用度も薄く

決め手にかけていた。

 

キャスリンは失踪する3週間前に、顔面打撲

で治療をうけていた。原因はロバートによる

DVであったと見られているがこのことは公

にはしていなかった。

 

その後の調べでキャスリンはロバートに

25万ドルの離婚調停を求めていたことが

分かっている。

 

キャスリンが失踪した時、ロバートは

プルーデンス・ファローという人物と

不倫関係にあった。

 

警察の事情聴取をうけてアリバイをロバート

は語るがそれは矛盾が多いものだったらしい。

 

キャスリンが失踪して8年後にロバートは

配偶者放棄を主張して離婚している。

 

キャスリンの両親はキャスリンがロバート

に殺害されたと主張。彼女を埋葬する権利

を奪われたと1億ドルの訴訟を起こそうと

した(おそらく実現はしていない)。

 

現在は両親共に死去。

 

妹のキャロル・バモンデがロバート相手

に姉を殺害したことで不法死亡訴訟を起こす

も死亡と認められた期間から大きくすぎて

いたために取り下げられた。

 

キャスリンの死亡時期は1982年に殺害

された可能性が高いこと思われている。

スポンサーリンク

ロバート・ダーストの事件2『スーザン・バーマン殺害事件』

スーザンはロバートの長年の友人だった。

キャスリンの失踪後、ロバートのアリバイを主張

したのも彼女である。

 

カルフォルニア州ベネディクトキャニオンの自宅

にて2000年12月24日に殺害されている

のを発見される。

 

殺害されたスーザンにロバートから2万5千ドル

を2回、計5万ドルが振り込まれていた。

 

スーザンの事件の物的証拠として、12月23日

付の消印の手紙(めも)が出てきた。

 

スーザンの住所と『死体』という単語がはいって

いたらしい【内容はあかされてない】

 

この事について警察は事情を聞くも送った事実

以上の事をしゃべるのを拒否している。

 

作家のキャシースコットはスーザンが消された

理由はキャスリン失踪について知りすぎた為

に口封じされたと見ている。

スポンサーリンク

ロバート・ダーストの事件その3『モリス・ブラックの殺害と四肢切断』

2001年10月9日、ロバートの高齢の隣人

であるモリス・ブラックが殺害されているのが

発見される。

 

遺体は初めにガルベストン湾に一部が浮かんで

いるのを発見され、後の調べではその遺体は

四肢を切断されていた状態であった。

 

モリスブラック殺害の容疑でロバートは逮捕

されるも翌日には30万ドルの保釈金で釈放

されます。

 

その後、10月16日の法定審問にも欠席。

これにより保釈における義務を果たしていない

とみなされ再逮捕の為の令状が発行される。

 

その後11月30日にペンシルバニア州の

ベツレヘムのウェグマンズのスーパーで

サンドイッチを万引して逮捕される。

 

この時の所持品は現金37000ドル、

拳銃2丁、マリファナ、免許証、そして

妻の友人であったなジャミの自宅への

道順をしらべたものであった。

 

その後、ロバートはモリスブラック殺害

の容疑で裁判にかけられるが正当防衛を

主張。

 

モリス・ブラックと対立したロバートは

モリスに銃を向けられ抵抗。

 

その折、誤って銃が発射されてモリスの

頭を直撃したと証言。

 

しかし、モリスの遺体を切断し、遺棄した

のは認めた。

 

2003年に一旦殺人罪では正当防衛を

覆す物的証拠が足りず無罪になる。

 

2004年にロバートは2度の法定審問を

無視したことと、証拠改ざん(遺体損壊と

遺棄)の罪で有罪判決をうける。

 

司法取引もおこなわれ、この時点で5年の

刑を宣告、3年の服役義務をおった。

 

2005年に仮釈放されるも、モリス

殺害の下宿先に近いショッピングモール

へ無許可で行った事が仮釈放の条件に

違反していたので刑務所に戻されます。

スポンサーリンク

まとめ

ロバート・ダーストの過去に関与した事件

についてまとめてみました。

 

結局の所、本人の自供だけであまり物的

証拠が出ていないものが多いようですね。

 

これからどうやって切り崩していくのか?

新型コロナの影響で裁判も進んでいないよう

ですが、注目が集まりそうです。

以上になります!

スポンサーリンク
おすすめの記事