スポンサードリンク
リッキー・カナネンとステイシー・カナネンの今現在や裁判結果は?
スポンサーリンク

こんちは、ニッチマンです。

アメリカフロリダ州オーランドでおきた

世にも稀な時間差で起きた事件があるんですが

 

その犯人がリッキー・カナネンとその妹の

ステイシー・カナネン。

 

二人は一度逮捕されるわけですが、後に

決定的な明暗が別れます。

 

事件逮捕後の二人についてちょっと掘り下げて

見ようと思います。

スポンサーリンク

リッキーとステイシーのその後と今現在は?

まず、事件についてはこちらの記事を先に

御覧ください。

この15年の歳月を経てようやく真実が顕になった

事件の首謀者である二人。いえ、裁判の結果では

リッキーの罪が問われステイシーは釈放されています。

 

この裁判結果についてちょっと調べてみましょう。

リッキーとステイシーの裁判は?

まず、リッキー2007年に両親の殺害の罪で30年

の懲役刑を宣告されています。

 

この刑について彼は意義を唱えずいたが、代わり

に彼の主張は本当の犯人は妹のステイシーだ

といったそうです。

 

当のステイシーは無罪判決を勝ち取ります。

ステイシーは2007年の5月9日に逮捕。

 

その後パスコ刑務所に収容されています。

後にオーランドの刑務所に移送され、そこで

約一ヶ月保釈までの期間をすごしています。

 

その間に、兄の発言を耳にして非常に混乱した

といっています。

 

2010年の裁判記録によるとこの当時

すでに最初の事件である父親の件はリッキー

の単独であると結論付けられていたようで

告訴を検察側が取り下げて不問。

 

残るは母親に関するもののみとなります。

 

この裁判の焦点は、リッキーと心中を図った

際のメモ書きの内容とリッキーの証言に

あてられていました。

 

リッキーはステイシーが事件に関わった

事を主張します。彼は自分の兄弟を守る

事をしようとはしませんでした。

 

ステイシーの証言では本当になにも

しらなかった。だが。母親の遺体は自分の

家の庭に埋めてあるという事実を最初に

尋問された夜にリッキーから聞いていました。

 

この事実に動揺して捜査官の手が自分にも回る

と思い込み、リッキーの心中の誘いに乗って

しまった。。というのです。

 

当時は論理的に思えたと後に語っています。

結果としてはリッキーの主張を退け

ステイシーは無罪を勝ち取りますが

その代償は大きかったそうです。

スポンサーリンク

リッキーとステイシーの現在は?

リッキーは現在も刑務所で服役中。出てくる頃には

既にいい年だとおもいます。現在63歳くらいだと

おもわれるので出てくる頃には70を軽く超えますね。

 

対するステイシーは2010年の44歳のとき

に裁判で無罪を勝ちとります。

 

その後わかってる情報では2013年に新たな

職を見つけ社会復帰しています。

 

職業はコンビニエンスストアの店員のようで

雇用してくれた店に感謝しているとのこと。

 

これ以降の情報はネットでは見当たらったです。

まとめ

リッキーは30年の懲役刑。

ステイシーはリッキーに共犯にされかけたが

裁判により無罪を勝ち取る。

 

今現在はリッキーは引き続き刑務所に。

7年前の記録になるがステイシーはコンビニで

働いていたいる。以上となります!