最恐映像ノンストップ7埼玉県秩父貯水槽の黒セーターの女の幽霊が出た場所は?事件のwikiや新聞に犯人の現在は?
スポンサーリンク

こんにちはニッチマンです。

みなさん、夏です。怪談の季節です。しかしながら怪談には常に悲しい話があるもので、実際に人がお亡くなりになられています。

まず亡くなられた方への冥福をお祈りしたします。

 

さて、夏になると定期的にしている最恐映像ノンストップですが今回も身の毛のよだつ話がてんこ盛り。その中でも過去に起きた事件がトリガーとなった

心霊話が紹介されるようですね。番組の見出しですと、

女性の幽霊が目撃された場所から発見された女性の遺体…はたして彼女は何を訴えたかったのか?事件現場を訪れた西村知美が目にしたものとは…!?

実際に日本で起きた事件のようです。そこでこのような事件があったか探してみたところ

埼玉県秩父市にある永福寺というお寺の近くの貯水槽でおきた事件がでてきました

この事件の概要と場所、心霊現象と事件の犯人などについていみていきませう。

スポンサーリンク

最恐映像ノンストップ7埼玉県秩父貯水槽事件のwikiや新聞は?

wikiにまとめられているか見たのですがなさそうですね。なのでまとめてみました。

新聞はこちらになるんですが、字がつぶれて読めません。

 

埼玉県秩父市の永福寺の近くにある貯水槽で若い女性の腐乱遺体が発見された事件。

時は1977年の12月9日、地元の消防団員が永福寺近くの貯水槽の水位を確認

しようと蓋を開けたところ、ドロドロに腐乱した遺体を発見。

 

その後警察の調べで1975年から行方不明となっていた女性で、当時若干21歳。変わり果てた姿になり家族の元へ帰る事になってしまいます。

司法解剖の結果、奥歯の治療痕からどうにか身元を割り出せたこともあり交際相手など被害者との接点のある人物を割り出す事に成功。

 

結果として、付き合っていた元交際相手が彼女を手にかけてしまいます。理由は子供を産む産まないで迫られたという身勝手な犯行。

妊娠したから一緒になろうとして愛した男の手でこの世を去る。やるせない気持ちになります。

スポンサーリンク

埼玉県秩父貯水槽事件の場所は?永福寺わきの貯水槽

こちら、現在は既に埋め立てられ、跡形もなくなっているようですが場所の座標はこちら。

このすぐ脇に永福寺という札所にも選ばれている由緒あるお寺。このすぐ脇の貯水槽でまさかこんな事件が起きるとはだれも思っていないでしょうね。

埼玉県秩父水槽死体遺棄事件の現場で起きた怪奇現象とは?黒いセーターの顔の溶けた女性の幽霊が

これは主にタクシーの運転手が何人も目撃したという女性の幽霊の話。

事件現場を通り過ぎるとき(この当時はまだ遺体は発見されていない)に黒いセーターを着た顔の溶けた女性の幽霊がたびたび目撃されるように。

 

曰く、具合の悪そうな人がいると思って速度を落とし、声をかけたところ、顔がドロドロに崩れた女性だった。

曰く、同じ現場を通過するとき、黒いセーターを真夏にきた女性を発見。横を通り過ぎてふとバックミラーを見ると女性の姿が忽然ときえた。

 

発見当時、実は遺棄から1年経過しており、完全に腐乱していたそうです。そして着衣は黒のセーターだった。。

 

などなど。そして一人では持つのも大変な大きさの石が一夜ごとに移動。その行先がくだんの貯水槽だった。この事から女性の霊が自分の

遺体を発見してほしくて現れたのでは?とささやかれていた。そして遺体からの情報で犯人を逮捕してほしいという願いもあったのかもしれない。

スポンサーリンク
おすすめの記事