スポンサードリンク
スポンサーリンク

セルゲイ・ソトニコフの現在は?

彼はイジマ空港のヘリポート管理者をすくなくとも59歳の時点で退職しています。その後は彼の

妻と一緒にボランティアとして監視員や掃除人として働いているそうです。

 

この背景には、イジマのヘリポート自体も閉鎖せざるを得ない事になった為だそうです。電気も切

られ退職を余儀なくされたのですが、働き続ける彼をメディアが取り上げると、電力はもどされ、

ヘリポートとしての機能は回復したそうです。2018年7月まではイジマのヘリポートで働いて

いる事がわかっています。

 

また、セルゲイの功績による名誉ある賞はいくつも送られ、そのうちの一つは祖国功績勲章の第2

位を受賞するなどされています。また、オリンピックの聖火リレーでもその姿を見ることができま

した。

スポンサーリンク

まとめ

アンビリバボーで紹介されるロシアの謎の滑走路で81名の命を救ったアルロサ航空514便事故

のもう一人の英雄は『セルゲイ・ソトニコフ』

 

イジマ空港のヘリポート主任で、空港の飛行機滑走路閉鎖後も航空機運用復活を夢見て整備を続け

ていた。現在もイジマのヘリポートでボランティアとして働いていると思われる。

以上最後までご覧いただきありがとうございます!