スポンサードリンク
スポンサーリンク

こんちはニッチマンです。

 

防犯カメラ、最近家電量販店やコストコなどでもよく見かけますね。やはり犯罪が凶悪化してる為、自衛の手段としてはちょっと興味を持ってもいいかもしれません。

 

防犯カメラの使い方はやはり盗難の抑止。マンションなどでもよく駐輪場などに『防犯カメラ録画中』などと書いてありますね。まぁだいたいダミ-なことがおおいんですけどね。。

 

さて、そんな防犯カメラを駆使して下町の社長が9台使って空き巣犯を逮捕した話が爆報THEフライデーで紹介されます。

【本当にあった衝撃の逮捕劇SP】
下町社長vs空き巣犯!
▼お金を盗んだ犯人を許さない!
社長自らカメラ9台仕掛け…300日かけて空き巣犯を捕まえる!
犯行の一部始終がカメラに写っていた!

 

この事件の元ネタをしらべてみました。

2017年加古川防犯カメラで空き巣逮捕

調べてみたら、2017年の11月くらいの事件を元にしてると思われます。会社社長と爆報で報じられていますが、この事件当時は『自営業』とだけ紹介されています。何をされている方かはわかりませんが戸村さんとおっしゃる方で当時49歳。

 

2016年頃から2度に渡り空き巣被害にあっており、業を煮やして防犯カメラを購入。玄関に居間、庭などに合計9台の防犯カメラを設置。

 

設置後約3ヶ月ほどで不審な男が写っているのが確認された。

 

戸村さん宅の鍵などがどうなっていたのかは詳細されてないが、手慣れた手付きで侵入。そして金庫と貯金を盗んでいく様が映り込んでおり、まんまと獲物をとって逃げおおせた。

 

しかしその中身はダミーのおもちゃのコインなど。この時既に怪しまれている事を察知できる犯人なら逮捕されなかったとおもうのだが、アホなのでされるわけとなる。

 

その後、犯人逮捕の為に仕事を減らしてまで張り込んでいたという戸村さんによって、逃走しようとバイクに乗ろうとした所をあえなく現行犯で捕獲。

 

居間へ連れていき、『警察に突き出す!』というと犯人は『なんでわしが警察にいかなあかんの?何の証拠があるの?』とよもやの反論。

 

しかしバッチリ犯行の瞬間を防犯カメラに収めている事を確認さすと『勘弁してください』と観念したという。

 

この犯人、かなり高齢のおじいちゃんで藤岡一雄という名前。当時81歳で窃盗と住居侵入の容疑で逮捕。同機は金欲しさの犯行だったという。

 

現在の犯人がどうなっているかはわからないが81歳で犯罪に手を染めてしまう現実が悲しい事件とも思える。