スポンサードリンク
竹内結子は何故自殺?第一発見者に死亡の理由や遺書は?芸能界の自殺連鎖
スポンサーリンク

こんちはニッチマンです。

 

もう信じられない・・・という感想がまずでてきます。いや、その前にご冥福をお祈りします。女優の竹内結子さんが27日に自宅で死去されていたことが報じられました。

 

女優の竹内結子さんが死去したことが27日、分かった。40歳。都内の自宅で遺体で見つかった。自殺の可能性もあることから、警視庁が慎重に調べている。

40歳・・若すぎます。既に報じられていますが、彼女は去年の2月に俳優の中林大樹と再婚。幸せの中、今年の1月には第2子となる次男を出産したばかりでした。

 

何故彼女の命が絶たれたのか?最近の芸能界の著名人の自殺の連鎖が止まらないのに恐怖さえ感じます。

スポンサーリンク

芸能界の自殺連鎖が止まらない。

過去にも芸能人の自殺はありましたが、今年はちょっと異常に思えます。単純に著名で人気のある方が立て続けに亡くなっているのでその印象が強いのかもしれませんが、三浦春馬さん、芦名星さんと亡くなり、そして今回の竹内結子さん。

 

芸能界との因果関係は無いはずですが、あまりにも多く感じますね。

竹内結子さんも自殺。

竹内結子さんの訃報。にわかには信じられませんでしたが少しずつ情報が出てきています。

竹内結子さんの死因

自殺の可能性もある・・・との事でしたが、TBSの報道によると彼女は渋谷区の自宅で首を括っているのを発見されています。自宅で発見された・・・ということで第一発見者が誰だったのか?

竹内結子さんの第一発見者は?

自宅で見つかった事から、第一発見者は家族・もしくは親しい方、あるいは仕事のマネージャーなどが候補として上がりますが、確定情報はまだありません。

 

報道によると午前2時に関係者から119番通報があり・・・とあるので家族以外の仕事関係の様なニュアンスを含んでいる書き方だと感じました。関係者が家族なのか友人なのか仕事関係の人なのかは現段階では不明。

 

普通に考えると、夫である中林さんが発見する可能性が一番高いのですが、当日は仕事でいないなど家にいてらっしゃらなかった可能性が高そうですね。

 

変わり果てた妻の姿を見た時の事を考えると胸が痛くなります。

 

~追記~

日テレNEWSネットワークNNNの報道によると竹内結子さんの『家族』が発見。とありました。この家族は後の報道で夫の中林大樹さんということも判りました。

竹内結子さんに遺書は?

今回、自殺の可能性がある・・・・と警察が慎重に調べている事から、遺書の所在も注目されています。こちらも現段階での情報は出ていない様です。

~追記~

報道によれば、遺書は見つかっていないとの事。お子さんと夫を残して遺書がない事に違和感を覚える方が多いようです。中には他殺説を唱えている人も見受けられました。

竹内結子さんは何故?理由は?

ネットでの声を見てみると、『産後鬱』ではないか?という声が多数聞かれました。出産から育児の大変さで鬱になるという話を割と聞きます。彼女もその重責に耐えられなかったということでしょうか?

 

こちらも今後詳しい情報がでてくるのですが、自ら命を断つという行為、その背景にあるのはよっぽどの事だと思います。生きるのがつらい。。。と感じる出来事、夫の中林さんとの不仲を予想する人も多そうですが、6月に報じられた『フライデー』の記事を見る限り仲睦まじい様子が見て取れます。

 

今月1日、自身がCM出演している「サッポロ一番」のイベントに出席し、第2子を出産後、初の公の場に登場。製品のCMキャラクター就任から6年がたつことから「(就任当初は)お湯を沸かすのをはらはらして見守っていた息子が、自分で(サッポロ一番を)作るようになった」と心温まるエピソードを披露していた。ヤフーニューススポニチより引用

今月初めにこの様なエピソードもあり、一体何がトリガーになったのか?突発的な不安から超えてはいけない線をこえてしまったのか?今後、おそらく親しい知人などの情報で竹内さん最近の様子などが徐々に出てくるとは思いますが、何があったんでしょうか?

 

また、自殺前夜は家族4人で食卓を囲むなどの団らんを過ごしていたそうです。変わった様子もなく、まったく原因がわからない。一体何が彼女を追い詰めたのか?その理由は今の段階では謎に包まれています。

まとめ

現段階では竹内結子さんが自殺をした・・・以上の情報がでていません。第一発見者も関係者という表現をされていて誰かわかりませんし、遺書の有無もでていません。彼女の身になにがあったのか?なぜ芸能界はこうまで自殺者が続いているのか?コロナ下での閉塞感が精神的に病む原因なのか?色々と要因はあるかもしれませんが、彼女の冥福をお祈りします。