スポンサードリンク
スポンサーリンク

こんちはニッチマンです

 

納豆って好きですか?関西の人は好きな人が少ないって話をかなり前に耳にしたことあるのですが、私の周りの関西人はみんな大好きですね。ちょっとクセはありますけど、それを乗り越えればめちゃうまいですよねぇ。

 

今回満天青空レストランで紹介されている納豆も極上の納豆。納豆ラバーは一度試してほしい納豆となっています。今回はこちらの納豆の通販情報を調べてみました。

 

スポンサーリンク

わらづと檜山納豆って?

今回紹介されるのが『わらづと納豆』という納豆。見たことある人もいるかもしれませんが、わらづと納豆はその名のとおりわらでくるまれている昔ながらの納豆です。漫画などで時折でてくる納豆のパッケージイメージそのまんまのやつですね。

 

そもそも納豆の作り方は蒸して火をいれた大豆を藁でくるむことで藁に住み着いている納豆菌が繁殖してできる古人の知恵(現在は雑菌が繁殖する可能性があるので藁も一度殺菌してから納豆菌をつけています)。現在大量につくられている納豆の多くは機械などで納豆菌を吹き付けて容器に入れて作られていますがこのわらづと檜山納豆は昔ながらの製法を守っていて東雲台地でとれた『白神大豆』を使用。そして大豆をくるむ納豆も能代平野のものを使用されています。

 

白神大豆は厳しい寒暖差の為に通常の大豆よりも糖質を多く含み、風味豊かな納豆に仕上がります。また藁で包むことで適度に水分を藁が吸収し、ステンレス容器などで作られた納豆では出せない歯ごたえと藁の独特の香りが付き一層美味しい納豆へと仕上がっています。

わらづと檜山納豆の通販情報

満天青空レストランで紹介されたものと全く同じ物を所望するなら『日テレポシュレ』が簡単でおすすめです。価格2160円プラス送料。現地直送のものが6本届きます。その他、カップに入れたひき割りと丸納豆を各3個ついてきます。

 

他には今回紹介される『元祖檜山納豆株式会社』様へ電話やファックスでの注文も可能。価格などが表記されていませんので、注文前にお問い合わせをお願いします。

 

あとはふるさと納税などでも檜山納豆は購入が可能なようですね。年またいで急ぐ必要もなくなったわけですが、早いウチにふるさと納税品考えるのもいいかもしれませんね。

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【ふるさと納税】 檜山 納豆 詰合せ
価格:10000円(税込、送料無料) (2021/1/16時点)

楽天で購入

 

 まとめ

青空レストランで紹介された檜山納豆の通販は日テレポシュレや檜山納豆株式会社などから購入可能。以上です。